産後クライシスって知ってる?その原因と乗り切り方

 

待ちに待った
我が子に出会えた悦び..

 

可愛くて可愛くて
たまらない。

 

しかし..

 

「3時間ごとの授乳」

「24時間お世話」

「夜泣き」

ぐっすり眠れず
意識もうろうの日々..

 

それに加えて、
母乳を中々、飲んでくれない。

 

増えない体重。

 

姑の厳しい目。

 

旦那さんの育児への
協力のなさ..

 

出産後の女性は
精神的にも肉体的にも
とてもデリケート。

 

「産後ブルー」

「産後うつ」

「育児ノイローゼ」

患っても少しも
おかしくない状況。

 

実際に、
出産した母親の10人に1人が
かかるとされるデータがあります。

 

それに加えて近年では..

 

「産後クライシス」

と言うワードを
耳にするようになりました。

 

聞かれたことがある方も
多いと思いますが..

 

産後急激に夫婦の仲が
悪くなる現象のことを指し
NHKが提唱しました。

 

では、産後クライシスになる
原因はいったいどこにあるのでしょうか?

 

女性は出産後、
いきなりと言っていい程、
やることが急増。

 

それが初産なら尚更..

 

赤ちゃんも
泣くことがお仕事..

待ってはくれません。

 

そして、睡眠不足で
精神的にも滅入っている上に
慣れないことで頭がパニック..

 

旦那さんのことになんて
構ってられません!

 

なので、
家事も育児も
手伝ってくれないのなら
いない方がいい..

 

なんて、
考えてしまう気持ちも
よく理解できます。

 

それと同時に
旦那さんの方も
構ってもらえない
寂しさと虚しさ..

 

お互いが
真の愛情を感じられない..

となってしまい、
夫婦仲は悪化の一途を
辿ることになるのです。

 

では、どうすればいいのか?

 

そんな時は..

 

旦那さんに
相談して頼るのが
ベストな方法です。

 

1人でイライラしていると
赤ちゃんにも影響してしまいます。

 

もし、旦那さんも
育児が初心者なら尚更..

 

育児を協力してくれないのを
責めるのではなく..

 

「素直に頼る」

ことです。

 

誰かに預けることも
いいですが、
ご夫婦のための
根本的解決には、なりにくく..

 

将来、振り返った時に

「何も手伝ってくれなかった」

と言うことだけが
記憶に刻まれたまま..

 

何か問題が起きた時に
それが火種になり兼ねません。

 

ですので、
素直に旦那さんに
相談してみて下さいね。

 

最後までお読みいただき
ありがとうございました。