やる気が起きない嫌な家事..そんな時は、あるものをぶら下げるだけで解決

 

夕方5時..

 

「ご飯作らなきゃ..」

 

「作るのダルいなぁ..」

 

「お惣菜、買ってこようかな..」

 

主婦は、
24時間労働..

 

子供がいれば
忙しさは倍以上..

 

旦那さんの
協力がないご家庭だと..

 

もう..

 

考えるだけで
ウンザリ..

 

何もやりたくない..

 

「何で自分ばかり..」

「こんな忙しい目に..」

こんなふうに
思った経験ありませんか?

 

私は、
毎日のように
感じていました。

 

家事をやっても
お給料を貰えるわけでもなく..

誰に褒められるわけでもない..

と、

こんなふうに
やる気が全く出ませんでした。

 

しかし、
それが毎日になってしまうと..

 

いったいどうなるか?

 

もしかしたら、
全てのことにマイナス思考に
なってしまうかもしれません。

 

では、どうすればいいのか?

 

気がすすまない
家事をするときは..

 

自分で自分に
ご褒美を与えるように
してみて下さい。

 

心理学的には、
これを..

「報酬効果」といい

嫌なことでも
集中して出来るように
なる効果があります。

 

夕食の支度を
するのが嫌だ、

こう感じた時..

「夕食の時、ビールを1杯」

「明日のおやつは、
 スイーツを買っちゃおう」

などといったご褒美を
決めればいいのです。

 

人は不思議なもので..

 

馬が目の前に
人参をぶら下げられてる..

 

あの状況と同じで、
報酬が目の前にあると
動けるようになるのです。

 

私もこの考え方に
変えてから..

 

嫌な家事も
すんなり動けるように
なりました。

 

ぜひ、試してみてくださいね。

 

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

 

身体・こころ

Posted by 早紀